『言いたいことは1分で!10倍伝わる話し方』(幻冬舎)

アマゾン「ビジネス・経済のベストセラー」1位 獲得


営業トーク、ここぞのアピールで

「ギュッと短く伝えて、相手を大きく動かす」

 ために役立つ28のルール。

 

たとえば・・・
●「1分だけいいですか」戦法で必ず話を聞いてもらえる
●相手が答える時間を短くする「チョイス戦法」
●「説教長くてウザい」と言われなくなる3ステップ
●「自己紹介」では「自己」を紹介すると失敗する
●最初の30秒で聞く気を失わせる「5大言い訳」とは?
●「時事ネタ1分スピーチ」をマスターすれば、もう話すことに困らない

今日から実行、すぐに効果を実感していただけます。

私自身が、講師として3000人以上の方を指導、司会者として500件以上の経験、テレビレポーターとしての経験をする中であみだした「役立つことが実証済みのルール」を厳選しました。

「思い・考え・知識」を10倍伝えて、やりたいことを実現するために、よりよい成果を出すために、少しでもお役立ていただけたら、幸せです。

 

●amazonでのご購入 →  amazonで買う

『言いたいことは1分で!10倍伝わる話し方』オーディオブック配信中!

『言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方』(渡辺美紀/幻冬舎)は

日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」にて、配信中!

 

渡辺美紀本人が全編を朗読!

著者本人が身に付けてきた「話し方」の極意を直接お伝えする特別版!

 

● 全1万タイトル中 3週連続ランキング5位獲得

「話し方・コミュニケーション術」ランキング 6週連続1位獲得

 

↓ダウンロードは、こちらからどうぞ!

言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方

『たった一言 伝え方を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』(KADOKAWA中経出版)

2013年7月10日発売「仕事術・整理法のベストセラー」8位獲得!

 

J−WAVE 別所哲也さんの「TOKYO MORNING RADIO」

で紹介されました。渡辺美紀本人がゲスト出演、大反響!


お客様と、上司と、部下と、同僚と、うまくいかない。
なぜか、わかってもらえない。相手に動いてもらえない。
あなたにも、そんな悩みはありませんか?


そんなときは、ほんの少し「伝え方」を変えるだけで、
相手との関係が劇的に変わり、

仕事はずっとうまくいくようになります。

本書でご紹介する「伝え方」は、

今すぐできてすぐに効果の出ることばかり。

■「まわりを大切にする」ことで応援してくれる「隠れファン」ができる
■「相手決断」にすることで、巻き込んで仕事ができる
■「正論を言うとき」に角を立てない3点セット
■「相手を成長させる伝え方」3点セット
■「こいつ、かわいいやつだな」と思われる「子犬作戦」
■「人前で話して成功する」ための5つの準備

「伝えること」を専門にしている私が、
自分でトライ&エラーをくり返して「うまくいくことが実証ずみの習慣」を厳選しました。

ほんの少し「伝え方」を変えるだけで、
「多くの人が協力してくれるようになる」
「応援してくれる人が増える」
「苦手な人ともうまくいく」
などなど、うれしいことが、たくさん起こってきます。

あなたの仕事が今よりもっとうまくいくために、

本書をお役立ていただけたら、とても幸せに思います。

  

●amazonでのご購入 →  amazonで買う

『言いたいことは1分で! 10倍伝わる話し方』新聞に掲載されました

読売新聞

2012年12月12日朝刊

2012年12月13日朝刊

に掲載されました

毎日新聞

2012年12月15日朝刊

に掲載されました

日本経済新聞

2012年12月22日朝刊

に掲載されました

産経新聞

2012年12月29日朝刊

に掲載されました

ビジネス書評欄で紹介されました

港区中小企業応援情報誌『こうりゅう』

ビジネス書評欄に掲載されました。

2013年2月25日、

6大新聞朝刊に折込まれ、

港区内で11万5000部配布。

『言いたいことは1分で!10倍伝わる話し方』読者のみなさまからのご感想

自分の話を聞いてもらうためのエッセンスが至る所にちりばめられています。
相手の時間の貰い方や話の中にあるゴミの捨て方など、話し方そのもの以外についても例を交えながら説明されています。
会話だけではなく文章を作成する場合にも参考になる部分が多くあります。
話す機会が少ないから話し方の本なんて必要無いと思わず、ぜひ読んで欲しい1冊です。

(佐藤茂樹さま)

 

すばらしく分かりやすかったです。付箋をつけた箇所はいくつもあるのですが、特に

「誰も傷つけない話し方をしましょう」という著者のスタンスがよかったです。

 自分の言葉の背景には、密かに自慢したい気持ちや優位に立ちたい気持ちが隠れているのことに

自分ではぼんやりとは気付いていたけど、どうしたらよいかわからないでいました。

この本を読んで、人前で話すときにあやっぱり聞き手の心の細部まで見通して配慮することが

必要だなと考えさせられました。

 心地よいコミュニケーションって、スキルの問題というより、相手をどれだけ大切に思うかという、

思いやりの問題、話し手の生き方の問題なのではないかと、そして、相手を深く思いやるためには

自分の心に余裕や自信がないといけないなーと。

 それにしても、プロの話し手(著者)の感性・気づかいのこまやかさってすごいなと。

コミュニケーションん尾職人技をみた感じがします。

 章だてやポイントのまとめかたも分かりやすかったです。

(Amazonレビューより)

 

 

非常に興味深く、読ませていただきました。

私は音楽教員ですが、特に以下の2点が印象に残りました。

 

1,「1分ください」

吹奏楽部員へも応用できると思い、

「1分だけいいですか戦法」と「1分ダイジェスト」を使って声をかけてみてと伝えました。

部員の私への声かけがどのようになるのか楽しみです。

 

2,感動させようと思わないこと

これは普段の音楽にも共通して言えることだと感じました。あまりにも作為的な音楽は、感動どころか聞いていてもさめてしまいます。楽譜越しに作曲者のメッセージをしっかり読み取って、ていねいに演奏する方が、いっそうお客さんへと伝わるのではないか、あらためて思いました。

 

私自身、吹奏楽部顧問として、生徒に指導する際、

いろいろ併せて言ってしまって、話が長くなるところがありました。

そして、「想い」がしっかり伝わらない部分があるのでないかと、感じておりました。

普段から書店にはよく行き、本を読む習慣があるのですが、

中でも、渡辺様が書かれたこの本は、的確にものごとをとらえていらっしゃるなと感じ、

あらゆるページで「腑に落ちる」感覚がありました。

さっそく使える部分も多く、すぐにでもやっていこうと思っております。

この本と出会えて良かったです。ありがとうございました。

(音楽教員・男性)

 

立場上、人の前で話すことの機会が多く、

伝えることの大切さを感じることが多々あります。

社員全員に何を話し、どう伝えてゆくのかが、とても肝要であり、

「とりかた」によりどんな捉え方でもできる「曖昧な伝え方」になっていないかを、よく考えます。

この本は、「単に上手く話す」だけではなく、「どう伝えるか」ということが中心で、

実践することで、話すことを自分のなかで良く噛み砕ける。

「ゆるがない自分」というものを形成できるという最大の効果を感じております。

(会社社長・男性)

 

話すのは苦手だったので、会社でのプレゼンが憂鬱でした。

そんなときにこの本に出会って、すこし希望が見えました。
実際に、本に書かれていた「3ステップトーキング」を使ってプレゼンを組み立てて、
「準備と練習の5ステップ」をやってみたら、
上司や同僚に、「分かりやすくなった」と言ってもらうことができました。
これからも、実践して、がんばります!

(会社員・30代男性)

 

タテ社会が非常に厳しいうちの会社で、僕が経験で学んできたことが、とても分かりやすく書いてあり、びっくりすると共に深く共感しました。

(広告代理店勤務・30代男性)

 

日頃人前で話すことが多く、それなりにこなれていると思っていた自分のスピーチに対しても意外に気づかない改善点がいくつも発見できました。

この手のノウハウ本は巷にあふれているとは思いますが、いままで手にとったことはなく良し悪しの比較はできませんが、筆者の多くの経験で検証されたアイデアには素直になるほどと思えました。

軽く読めますし、すぐに試せるノウハウばかりですので役に立つと思います。

(会社経営・50代男性)

 

この本が売れるということは

ちょっとした苦手を持った息子を育てている私に希望でした。

耳から入った情報を処理するのが年齢相応にうまくできない子で

「なんでわからないの?!」って思うことが毎日毎日…

そんな中、つい先週、養護学校の進路相談の先生から、

「あなたの教え方で伝わらないならば、その子の分かり方で伝えなさい」と、

そんな話を聞いたところでした。

この本を読ませてもらって、

皆が「相手に分かりやすい伝え方って?」という視点で会話ができれば、

仕事がしやすくなるだけでなく、もっと皆が生きやすい世の中になるよね

…なんて思いました。

子どもの療育にも使えるヒントがたくさんあったので早速実践してみます!

(30代主婦) 

 

10倍伝わる話し方、実践すれば間違いなく その結果を身にしみて感じる事と思います。

私は、人前で話す時に 

1.長々と話してしまう

2.声が小さくなる

という伝えたいのに伝えられない欠点がありました。

実践で

1.『相手の心に届く言葉を伝える為』書かれている事を前もってまとめ、練習する事

2.メリハリをつけること

3.相手の時間を大切にすること

を行った所、伝わり さらに 感動した との声を多く聞きました。

まず、身近な事でためしてください。 あらゆる世界がひらけます。そして、メール等々でも応用できます。

(会社員・30代男性)

 

近くの本屋さんで購入し、読ませていただきました。

実例がたくさんあり、今後参考書として活用させていただきます。

昨日も人前で話す機会があったのですが、さっそく番号つけたり、ネガティブトークにならないよう気をつけたりと活用させていただきました。ありがとうございます。

(市会議員・40代男性) 

 

著者が、優しい目と心を持っていること、教訓を自分の失敗から見出していることに、感心しました。  日本語が正しく使われている(形容詞副詞の活用・敬語の使用法)ことに、ほっとしました。

 内容的に、ちょっと例を出すと、「自己紹介で自己を出すと失敗する」 こんなこと言える人がいるのですね!手放しでお薦めできます!

(公認会計士・50代男性)

 

実例が豊富で非常にわかりやすく書かれているというのが読後の第一印象。

いろんな角度から、短い時間で趣旨が伝わるノウハウが満載です。

最終章にある「準備と練習の5ステップ」では

目的別にどんなノウハウを組み合わせたらよいのか?

該当ページまで記載してあるところに著者である渡辺美紀さんのお人柄がにじみ出ています。

本の趣旨でもありますが、“わかりやすく”に対するこだわりもいい感じです。

私もセミナーや講演をさせて頂いていますが、5大ゴミ用語として書かれていた

「~させて頂きます」 や「 ~したいと思います」などは無意識に使っていて反省しきりでした。

真理とは極めてシンプル。決して難解なことではないのだと思います。

話し方をわかりやすく学び、実践するためのガイド本として最適!

自分のブラッシュアップに活用させて頂きます♪

(会社員・40代男性) 

 

早速読ませて頂きましたが、若い人から、それこそ話のプロまで、さまざまな方が自分なりの視点で読めるので、広い層の方にお勧めできると思います。一番気に入ったのは、日野市のオーディションの話です。この話を始め、他にも参考になる点、自分のチェックポイントとして使いたい点が、たくさんあり、今後ともお世話になると思います。

(経営コンサルタント・40代男性) 

 

一章は全部そっくり新入社員研修として使いたいです。

特に、なかなか教えづらい「上司への報告・連絡・相談」のポイントは有難かったです。

私もここでつまづいて、なかなか相談できなかったことを思い出しました。

逆の立場になると、上司の気持ちが良くわかります。

渡辺さんの元上司の方のようなフィードバックがあれば、安心して部下が仕事できるということを知り、自分の至らなさに気づきました。

「褒めることの落とし穴」には無頓着でした。気付かずに嫌な思いをさせていたことが何と多かったことか!

渡辺さんの経験からでた言葉は、重みがあります。学びがつまった良い本ですね。愛読書にさせて下さい。

(保育園副園長・女性)

 

ものすごく刺激をいただきました。

仕事に対しての心がけもさることながら、人(相手)への優しさ心遣いも勉強になりました。

ビジネスだけでなく育児でも役に立つ内容も盛りだくさんでした。

美紀さんの歩んできた時間がこの本によって伝わってきました。

本当に素晴らしい本でした。今日から実践させていただきます。

(フリーアナウンサー&主婦・女性)

 

何かと忙しく過ごす現代日本人。

相手から報告の時間をもらったり、自己紹介したり、スピーチしたりする時間は、とにかく1分で!という観点、本当に、素晴らしいものだと感じました。

部下がこういう観点で報告してくれれば、助かるな~。さっそく、読んでもらおう。

ありがとうございました!

(会社経営者・30代男性)